スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
英語が必須の時代になりました。
- 2017/06/20(Tue) -
ちょっとやりたいことがあって最近ホームページをせっせと作っています。

サーバーがどうとか、ドメインがどうとか、そういうことも最近知って試行錯誤しながらクリアして、
今はホームページのデザインを決めたり、機能を実装したりする段階です。

よくわからないけどプログラミングっぽいことをやってみたり、コードをちょっといじったりして、
自分が思っていたような効果が得られた時の感動はすごい。
何か達成するたびに、感動し過ぎていちいち作業中断してリビングに行く。

そんなことをやっていて最近つくづく思うのが、
「英語ができてよかったなぁ」ってことです。



自分は英語が割とできます。
タイの学校でこってり絞られたおかげで、日常会話程度の英文法と外国語に対する柔軟な脳みそを手にいれた。
受験勉強のおかげで受験レベルの英単語が身についた。
そのあと大学で勉強してたおかげで頻出英単語はわかるようになった。
それから、外国人がたくさんいるようなところでバイトしてたおかげで外国人と臆することなく話せるようになった。



英語ができるとこんないいことがあります↓

・日本語を話せない人とコミュニケーションが取れる

・英語の本や記事が読める

・洋楽の歌詞がわかる

あと、最近感じるのが

・プログラミングのコードが読みやすい!

いや、読みにくいんだけど、ここに何が書いてあるんだろうなってことが使われている英単語を見れば想像できることは大きい
いちいち翻訳しながらやっていたら疲れちゃいそう。




でも、英語はあくまでツールだということを忘れないようにしたいね!
英語を勉強の目的にしちゃうとつまらなくなっちゃうから!
スポンサーサイト
この記事のURL | 今まで勉強したことは全部繋がってたみたいです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
友達って?
- 2017/06/18(Sun) -
最近、頭の中に浮かぶ率がナンバーワンのこのテーマ!!

『友達って?』

まずは自分の中の友達の定義から

自分にとっての友達は
「(偶然)会ったときに挨拶しようと思うかどうか」

多分賛否両論あると思うんだけど、それで良い!!


最近友達と、友達の範囲はどこまで?みたいな話をするのだけれど、
自分の友達の範囲は広い。

自分は知ってる人間を見かけたらほぼ例外なく話しかけに行くので、
1度でも話したことある人は大抵友達。


でも人によっては友達の範囲がすごく狭い人もいるみたいで、
友達がたくさんいるように見えるのに友達がいないって悩んでたり、
前まで友達だった人と友達じゃなくなったりしてる人がいる。


じゃあ友達ってなんだろう?


自分は今まで8回引っ越してきた。
小学校は全部で6箇所通ったし、高校だけでも3箇所通った。
それぞれの場所でたくさんの人と出会って、たくさんの人とお別れしてきた。
顔は覚えてるけど、名前覚えてない人もいるし、連絡先知らない人ばっかり。

でも、仲よかった人たちとは再開できたらすぐ遊べる気がするんだよね。
だから彼らは友達、でいいような気がする。

一方的に友達と思っているだけかもしれないけど、それでいいんだよ!!
友達と思えば友達なんだから。




正直なことを書くと、自分が友達の範囲を広くしてるのは
そこまで範囲を広げないと友達がいないことになってしまうからでもある。

狭い範囲で定義される友達は、自分にはいない。

自分はいろんな人と別れ過ぎたから、防衛反応が出てしまっているからかもしれない。
新しい人と出会って、仲良くなっても、「でも、どうせいつかは疎遠になるんだろうな」って考えながら接してる。
まぁそれが外れたことはないんだけど、、、
物理的距離にはかなわない。

だから特定の人と仲良くすることができないんだよね。
その人が消えたら友達が0人になっちゃうから。
いろんな人と広く薄く接してる。

きっかけがあって仲良くなるんだから、きっかけがあって疎遠になってしまうのは仕方ない。妥協。

親友とか幼馴染とか憧れるけどよくわからない!!!






次友達について触れるときは
『友達のランク』について書きたいな!!

友達には何種類かあって
・親友
・遊びに行く友達・・・・・etc

っていうお話。
この記事のURL | 人間関係の維持の仕方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はじめまして
- 2017/06/18(Sun) -
はじめまして。タックと申します。
3つ下に同じタイトルの記事がありますが、3年前のものです。

ずっとブログ再開したいなって思ってて、戻ってきました。

いつも頭の中で色々考えているのですが、次のことを考え始めるとそれは忘れてしまいます。
そしてまた思い出して忘れる。

それを繰り返しているのですが、忘れてしまうのは勿体無いなと思ったことを、書きたいままに書いていきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前に遊びに来てくださってた方とはお会いできるかわかりませんが、
もし覗きに来てくれていたらコメントとかくれると嬉しいです。
この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カラス、なぜ鳴くの?カラスの勝手でしょ
- 2014/04/19(Sat) -
予想以上に更新の時間ない・・・。
大学生って暇なイメージがあったから、毎日更新できるかと思ったけど
高校生より忙しいかもしれない。


最近は感じたことを書いていってるんだけど、今回は”カラス”について
赤ちゃんカラス
(カラスの赤ちゃん、yahoo画像検索より)

カラスってとっても賢いっていうし、赤ちゃんめっちゃ可愛いし
自分の中では友達になりたい野生動物ランキングのトップ10に入ってるんだけど

そんなカラスがこの間夜中にカーカー鳴いてて目が覚めたことがありました。

あれ?なんでカラスって夜行性だっけって思いながらその日はまた寝たんだけど
あとで調べてみるとやっぱり昼行性らしい。。

Question:どうしてカラスは鳴いてたのでしょうか!?




Answer:カラスは警戒心が強く、寝ていても何か気配を感じたらすぐ起きて鳴くことがある
そうです。(知恵袋)

ってことは、どうやらうちの近くにカラスのねぐらがあるらしい!!

カラスのねぐらって見たことありますか?
鳩のねぐらとツバメの巣は見たことあるんだけど、カラスとスズメのねぐらは今まで1度も見たことないんですよね・・・。
1度でいいから見てみたいなって思ってたから、今度探しに行ってみようかな・・・。


ホントはここから環境問題の話に持っていく予定だったんだけど、
長くなりそうなのでやめましたw
124090514311916300660_IMG_1865.jpg
(カラスの赤ちゃん、http://syama6161.at.webry.info/200904/article_15.htmlより)

余談になるけど、検索して出てきた2枚のカラスの写真が違いすぎる気がする・・。
1枚目はなんでこんなに毛並みふさふさなんだろう・・・。
この記事のURL | 自然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
The fear of ニート
- 2014/04/09(Wed) -
毎日更新しようと思ったんだけどやっぱり無理でした・・・。
Ipod touchで更新しようと思うんだけど、打ちにくくてめんどくさくなっちゃうんだよね。。

だからパソコンを使えたときだけ更新します!


今日のテーマは「ニートの恐怖」

ニートであることへの恐怖。
今、日本でも社会問題になりつつあって、有名な言葉になってきた「ニート」っていう言葉
どこにも所属してなくて、働く意思や勉強する意思がなく、(親など)人のお金で生活している人間のこと

実際漫画に登場するような、部屋に閉じこもってインターネットばかりしているニート、いるみたい。


ここで受験の話になるんだけど、
簡単にいうと受験失敗しました。

んで、そのとき頭に浮かんだのが、自分ニートになっちゃうな・・・って
そのときに恐怖っていうか、絶望に似たようなものを感じました。

自分の中で「ニート」っていいイメージがなかったから、
ショックで目の前真っ暗になった。


http://news.mynavi.jp/news/2014/03/19/252/
↑の記事によると2014年度の大学新卒生の就職率は82.9%だそうです。

100人に13人が就職できなかったってことかな。。

就職できなかった人全員が就職を望んでいたのに就職できなかったわけではないと思うけど
だいたい10人に一人以上は就活に失敗したってことだよね。。


4年後はさらに就職難になってるかもしれないし、
自分も就職てこずってるだろうから、
また「ニートの恐怖」を感じるかもしれない。


受験は結局、その後違う大学に合格もらえた。
自分の行きたい大学ではなかったけど、やっぱり大学に進んでよかったって思ってる。

だから4年後の自分、就活失敗してもへこたれるな。


テレビ見ながら書いてたら、ちょっとわかりにくい文章になっちゃった・・・。
この記事のURL | 生き方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。